最新の内視鏡検査は岡山の病院で!小さなポリープなら即時切除可能

問診表と聴診器

岡山県内にある病院で内視鏡検査を受けよう

胃がんの検診といえば、バリウム検査を思い浮かべる人も多いでしょう。岡山市での胃がん集団検診でも、バリウムを飲んでエックス線で胃を調べる検査が行われています。しかし、そこで再検査を求められると内視鏡で検査する必要があります。エックス線だけでは、胃の詳しい状況を知ることができないため、必ず内視鏡の検査が必要となります。また、岡山市の大腸がん検診では問診と便潜血検査が行われます。もし潜血反応が見つかったら、内視鏡で再検査をすることが必要不可欠です。しかし、胃にしても大腸にしても、内視鏡検査はつらいものというイメージがあります。一度受けたけれど、苦しかった、面倒だったなどという声もよく聞かれます。怖いのでつい再検査を遅らせてしまって、手遅れになるということにならないようにしなくてはいけません。しかし、最近では内視鏡検査にも様々な工夫があり、高度な機器や鎮静剤を上手に使って苦痛が少ないようにしてくれる医療機関もあります。また、内視鏡検査を行う技量も医師によって様々です。岡山市内には多くの医療機関がありますが、その中でも苦痛の少ない検査をうたっているところがあるのでインターネットなどで探してみるとよいでしょう。